1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ... 27

「まごころ」を生かす

2014年12月17日

「まごころ」を生かす
(2014/12/10 社内モラロジー勉強会~社長総括より)

今年も早いもので12月を迎え残す所僅かとなりました。

WLでは、毎月全社員を集め、道徳について考え学ぶ場として、
モラロジー勉強会を開催しております。
この勉強会の目的は、一つの題材に対して立場、役職が相違する社員同士が意見交換することで
様々な価値観を感じ、伝え受け入れてそこから正しい言動・姿勢について考え自己変革に生かすことです。
そして今月は相手の心に寄り添う「まごころ」という、
1年の締めくくりとしてふさわしい内容の題材であったと思います。

なぜ、人は人間関係で悩むのでしょうか。
誰しも同僚や家族、友人など身近な人に対して、協力的でないと感じたこと、
上手くいかないと感じたことがあると思いますが、他人に問題があるのでしょうか。
私は、その原因は100%自分の心にあると思います。

当たり前ですが、自分の過去と相手を変える事は出来ません。
ですから相手ではなく、まずは自身の心を見つめ直し、自分が変わる努力をすることが大切です。
そうすることで少しずつ周囲に良い影響を与え、いずれは対人関係も好転します。

また私が常日頃、皆さんに伝えている言葉に「自因自果」というものがあります。
世の中全ての出来事結果には、必ず100%原因が存在し、
自身の行いはやがて結果となって自身に返ってくるという意味ですが、
この事を強く認識しなければ現状の課題は改善しません。

人間関係を構築する上で大事なことは、先程も述べましたように自身の言動を見つめて、
反省すべきことを認めて正していくことであると思います。
自分自身の言動を改善していくことで、必ず相手の言動も少しずつ変化していきます。
好きでない相手に対して反省し好意的に接することが嫌だと思っている人は、
自分を改める行為が、やがて自身に還ってくる貯金だと思えば良いのです。
時間はかかっても、いずれ自分に良い形で還ってくると捉えれば、
接し方を変えることはできるのではないでしょうか。

WLの社員信条には、「常に感謝の心で言動します」という、道徳心を掲げております。
周囲への不満ばかりを口にして他責にするのではなく、家族、友人、仲間に感謝し、
思いやりの気持ちで接する事が、自分自身を何よりも幸せに導く秘訣ではないでしょうか。
職場におけるトラブルや離婚問題など人間関係の歪みの原因は、
相手ではなく、自身の心にあるのではないでしょうか。
「まごころ」とは、真心と書きます。
真の心とは、自分の言動を振り返り相手に感謝する心だと思います。


最後になりますが、みなさまには今年も1年間大変頑張っていただき感謝致します。
来年は、今年以上に素晴らしい年を迎えることを固く信じて、プラス思考でいきましょう。
人生創造のベースは、絶対積極思考にあるのです。

体調には十分留意され、良いお年をお迎え下さい。


株式会社ウィズリンク 
代表取締役社長 江口 歳春

道徳と経済の一致

2014年11月27日

『道経筆録』
~道徳と経済の一致~          WL代表 江口歳春

念願でありました、ウィズリンクグループで働く仲間同士を繋ぐ社内報として、
「Withlink-Press」を創刊することになりました。
代表として大変嬉しく思います。

今後はグループ代表としてColumn「道経筆録」を掲載させていただきます。
人生の先輩、賢人偉人の方々の訓え等も紹介し、私が思い伝えたいことなど、
徒然に筆をとっていきたいと思っておりますので、末永くお付き合いを宜しくお願い致します。
創刊にあたり、WL経営の根幹に掲げている「道徳と経済の一致」をテーマに筆をとらせていただきます。

人は何のために働くのか、何のために生きるのか?

WLでは、道徳としての正しい言動姿勢のあり方と、生活の糧として必須である利益追求をリンクさせ、
皆さんが幸福になることを根幹テーマに掲げています。

仕事は生活手段としてお金を稼ぐためではありますが、お金を稼ぐためだけに働くのではないと思います。
仕事には、人間関係や様々な業務を通じて自身の心(魂:たましい)を磨き高めてくれる効果があります。
ですから仕事に向かう心の姿勢、思いが大きく影響します。

仕事を通じて人間関係で苦悩したり、クレームをいただいたり、失敗や成功を体験しますが、
それら総べてが、自身の心を鍛え養う修行に繋がっていると思います。

仕事には素晴らしく多くの効用がありますので、まずはしっかりと仕事の意義を自認することが大切です。

辛いことや悩んだ時は、自己成長に向かっている摩擦と捉えてみてはいかがでしょうか。
人は誰も皆な苦悩しています。悩んでいない人はいません。
大事なことはその事実を受け止め、前向きに取り組む心の姿勢のあり方にあるのです。
仕事で自己の心を磨き、お客様への社会奉仕貢献の大きさが売上利益や給料となって私たちにもたらされているのです。
「道徳観を意識した誠実な取り組みにより、心からお客様に喜んでいただく社会貢献の仕事を通じてこそ、
人間としての成長と糧である給料が宿される」のです。

道徳と経済を、あえて分けて捉えるならば、「働くとは自身の心を磨き高めること」であり
「仕事とは成果を出すこと」とも言えます。

ですから仕事をするとは成果を出す取り組みでなければ良い仕事をしたとは言えないのです。
そしてお客様に喜んでいただき「ありがとう」を集めるCS言動や、店舗ルールや規律を守り、
清掃ラリーで懸命に整理整頓清掃を行い、提出期日厳守の行動や、遅刻をしない、決めた約束を守ること等、
仕事を通じて自分自身を強く鍛え磨いてくれるのです。
「辛いな~」と思う時は、自分の未熟さの現れと謙虚に受け止めて、励むことが大切ではないでしょうか。

私は仕事こそが自分自身の心を鍛え高めてくれる最高価値があるものと考えております。

人生や余暇をより楽しく充実したものにするにも、仕事が楽しくなければ絶対に無理です。
仕事から逃げず高みに挑むことが、自身の人生に真剣に向き合うことであり、
両親からいただいた大切な命を使い磨くことだと思います。

「道徳と経済の一致」は描いた理想の餅ではなく、
私達自身の心のあり方次第でいかようにも決まるのではないでしょうか。

「2014 新年幕開け」

2014年1月13日

皆様、新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

本社新年

昨年12月3日は、シンガポールにおいて「ばり馬ユナイテッドスクエア店」がオープンしました。
「ばり馬タングリン店」に続くシンガポールの直営2号店となります。
工事予定が遅れハラハラしましたが、
地下鉄ノビナ駅近くの大型モール内への出店を何とか年末に無事オープンすることができました。
土屋社長、春木課長、深田SV、江口店長、多くの皆様方による尽力のお蔭様です。
オープン後の盛況に感謝申し上げます。
これからもアセアン玄関のシンガポールより「日本のばり馬らーめん」を発信してまいります。

マーライオン

MAS

US店オープン

今年3月には、マレーシアのクアラルンプールに「ばり馬ジャヤ店」がオープンしますので、
今回は現地視察を兼ねて、マレーシア&シンガポールを忙しく飛び回りました。
雨期のマレーシアの天候は曇り気味で思ったほど暑くない視察でした。
クアラルンプールは多くの人種と大勢の人達が集い、
モノレールも発達し非常に活気ある賑やかな首都で宿泊ホテルも快適でした。
大型イオンモールもたくさんあります。
マレーシアとシンガポールの移動は、格安航空のエアーアジアを利用しましたが、
毎回ですが大幅な時刻遅れの発着に海外と日本の違いに納得。(日本では考えられない1時間遅れのフライト!)
でも、真っ赤な機体、そしてユニホームに元気とアイデアをいただきました。

エアーアジア航空

今年2014年のWLは、マレーシア出店を皮切りに、
台湾、インドネシアへと海外アセアン方面が熱くなりそうな気配濃厚で海外戦略立案がより重要となりそうです。
これからは、熱いアセアンパワーに負けない、若い社員達の海外活力パワーが絶対不可欠です。
日本国内経済においては、4月より消費税引上げが実施され、
私達の外食事業において消費低迷影響は避けられない様相であり、増税後のお客様動向は、
より物事の選別化が進み優劣が際立ってくるものと予想しております。
WLとしては増税を前向きに捉え、お客様から選ばれる店舗として成長発展するために、
新たな国内成長戦略を準備推進中です。(期待して下さい。)



仕事の話に集中してしまい、嬉しい年末のご報告を忘れるところでした。
昨年末の私の誕生日に本部社員からいただいたプレゼントを紹介します。
ご覧の通り「オールCATS」グッズです。(笑ってやって下さい。)
猫好きの私は、多くの猫グッズに囲まれて癒されております。
(最近はさすがに多くなりましたので、少し恥ずかしくなってきました。)

誕生日グッズ

誕生日祝花

誕生日生花

初詣は年末より夫婦で宮崎入りしておりましたので、
今年は宮崎県日南市の「青島神社」で、夫婦元気に揃って祈願しました。

青島神社

青島神社のぼり

驚くほど大勢の人達が詰め寄せ、本殿に続く沿道に長い列ができており、
1時間ほど冷たい潮風を受け水平線に沈む紅い夕陽を深く眺めながら、
素敵な初詣を感慨深く贅沢な元旦の時間をいただきました。

新年日の出

青島神社海岸

沿道に続く海岸は、自然が創りだした石畳が遠くまで幾重にも綺麗に連なっておりました。
昨年一年の感謝とお礼、そして今年の家内安全、無病息災、社員多幸成長、企業繁栄を祈願し御守りを買いました。

御守り

占いは信じない私ですが、新年ですから、敢えておみくじをひきました。
夫婦揃って初めての「大吉!」に身が引き締まりました。

海側に向いている古い板貼りの茶屋で、潮風に包まれながらの「甘いぜんざい」と「御婆さんの笑顔」に、
由緒ある神社の歴史と人生の重みに感慨深く洗心されました。
多くが凝縮された、ぜんざいの深い味わいでした。


今回はシーガイヤに泊まり宮崎市内~日南市内を中心まで欲張って外食事情&観光を探索しました。
日南海岸の素敵なドライブ・マナメッセのモヤイ像・大分ラーメン&宮崎ラーメン事情、
厚皮餃子・炭火焼日南地鶏・日南名物の伊勢えび海鮮料理・そして猫グッズ店によって猫の陶器を記念に買いました。
道の駅では地元の新鮮野菜をたくさん買いました。

日南海岸

サンメッセ日南 モアイ像

ラーメン1

ラーメン2

餃子

地鶏

炭焼

伊勢海老

宮﨑猫グッズ店

日南商店街で見つけた、自家製つけ麺の桶盛の発想には驚嘆しました。

桶盛

帰路の車内は、地元の取りたて野菜と、想い出の詰まったお土産で狭くなりましたが、
今回も多くの見聞と人生の重ねを持ち帰ることの幸福に感謝します。

大分竹田津14:20発~徳山港着に出航20分前に飛び乗り間に合いました。
帰りのフェリー2時間では、浜田宏一先生著書「アベノミクス&TPPが創る日本」の読み残しを無事に読み終えました。
日本経済の先読みに参考となる書籍です。

本年もWL経営理念追求をベースに感動と夢の創造企業、
社会貢献できる企業創りに取り組んでまいりますので、宜しくお願い申し上げます。


        
               ウィズリンク代表  江口歳春

「夏 の 終 り」

2013年9月1日

先日のテレビ番組予告で「瀬戸内寂聴」出演を知っていた私達夫婦は、
午前7時半から流れる早朝の対談番組を見逃さいない様、
二人で早めにTVの前のソファに深く座り、
煎れたての熱いコーヒーの香ばしさに目を醒ましながら待ち構えた。


寂聴さんは今年で91歳を迎えられたが、
久しぶりのTVでお逢いした寂聴さんは、
本当に歳を重ねたことを全く感じさせない、
相変わらずハツラツと若さ活気溢れる人気作家の住職さんでした。


いつもの歯切れ良いリズミカルで速いテンポのトーク説法に引きずり込まれる、
ファンが大勢いるのも納得(いつもながら歯に衣着せぬ物言いはスカッとする)

私はしばしば
「寂聴さんは、どうしてこんなにも元気でいられるのだろうか」
と自問自答するが、
何事にも動じないで常に志ある目標を掲げ、
超多忙な毎日で講演や執筆と大量の仕事をこなし、
常に前向きな言動が自分を掻き立てるのだろう。

クヨクヨしないで実にポジティブな生き様を感じる。

毎日、大好きなお肉とお酒を愛する生き方は、
とても住職らしいとは思えないが、この意外性も人気の理由だろう。

司会者と対談の中で、
2013年8月31日に公開される映画『夏の終り』の予告があった。
封切りは「夏の終り」に相応しい8月31日を狙ったのであろう。

私は書籍を拝読したことがなかったので、
映画上映予告に小さな胸の高まりを憶えた。



(映画鑑賞)

9月1日(日曜日)は朝から雨が、しとしと・・・。
心地よい秋雨の中を、
私達夫婦を乗せて自家用車は映画館「広島サロンシネマ」に12時前には到着した。
近くの100円パーキングを選んで停めた。

毎月1日は映画の日で、大人1000円デイであり大勢のお客様で賑わっていた。
私は濡れた傘を玄関先に準備されていたビニール袋に包み、
上映開始の12:30まで少し狭い通路の人ごみの中で待った。
(特に女性群の雑踏の中にいる気配であった)


原作は瀬戸内寂聴(当時は出家前の晴美)さんが、
自身の体験を基に描き100万部を超えるベストセラーとなった同名小説を、
「満島ひかり」主演で映画化した大人のラブストーリーである。


「小林薫」演じる年上の男と、
「綾野剛」演じる年下の男という2人の間で揺れ動く、
ヒロインの心情を丁寧に描き出す。

映画画像

妻子ある不遇な作家との八年に及ぶ愛の生活に疲れ果て、
年下の男との激しい愛欲にも満たされぬ女、知子…
彼女は泥沼のような生活にあえぎ、女の業に苦悩しながら、
一途に独自の愛を生きてゆく。

2映画画像

新鮮な感覚と大胆な手法を駆使した、
女流文学賞受賞作の「夏の終り」。

夏の終り

瀬戸内晴美自身の不倫体験を重ねた、著者の原点となった私小説である。

現実、この関係が道徳的には許されない状況という考え方もあると思うが、
作品として美しく伝わってくるのは作者の巧みな叙述によるものだろう。

彼女は、正直に生きすぎただけなのだろうと思う。

社会の道徳とか法律とかに拘束されずに、思いのまま生きただけなのだ。
全てのものを枠に捉えて考えようとする世界に生きてしまった主人公が、
とても可哀想に思えた。

この映画の感想は、人それぞれ差異論があるだろうが、
私は奔放すぎる自分を悩み苦しみながら生きる知子(主人公)が愛しく、
そして羨ましくも思えた。



(秋雨のcafeshop )

静かに幕が降り、館内にゆっくりゆっくりと灯りが戻った。
雨に濡れている映画館の長い階段を確かめる様に足元に気を付けながら下りた。
外はまだしとしと雨が落ちており、空は薄曇りで少し暗かったが、
私には少し眩しく思えた。

雨まじりの週末に相応しい映画に漂いながら、
私達夫婦は1本の小さなビニール傘で肩を寄せ合い、
今日の映画に似合いそうな古くからある自家製ケーキ&珈琲、
「サロンド・カフェ房州」店に躊躇なく吸い込まれた。

1階で季節の「無花果ケーキ、季節のフルーツタルト」を選んで、
螺旋の2階階段を「ギシギシ」と音を立てながら昇った。

濡れた傘は1階入り口の傘立てに遠慮しながら脇に添えた。

2階は30席位あるだろうか。

床は年季ある板貼りで、
壁面は塗りで昭和40年代レトロ感を大切に残している、
重厚感ある内装である(私は好きな空間である)

部屋3

お客様は、女性一人客様が2組・・・
音をたてない様にケーキと雑誌の間を往来している様子。
私達と同年代のご夫婦が一組。
そして叔母様らしき5名の明るい小グループ。

私たちは1階で選んだケーキとは別に、
バター多めのフレンチトースト、パンケーキ、珈琲のオリジナルブレンド、
アメリカンをそれぞれホットで注文した。

私達は、広い4人掛けテーブル席に案内されたが、
私は外の景色が良く見える窓側の狭い2人テーブル席を選んだ。

部屋

暫くして1階で注文したケーキ、トースト、一緒にコーヒーも運ばれ、
テーブルは通勤ラッシュの如く賑やかに出窓までお皿で溢れた。

初めからケーキとタルトはテイクアウト用に注文したもので、
全て箱詰めをお願いした。

ケーキ


コーヒー

家内はインテリア雑誌を眺めながら珈琲とケーキを適当に楽しんでいる。
私は興味ある雑誌を見つけたので、真剣に活字を追う(写メも撮った) 
時折、夫婦で映画の思いを交えながら、それぞれ静かに珈琲ブレイクを楽しんだ。
(家内は何を思っているのだろうか・・・)

大きく突き出たガラス窓を通して、背の高い濃い緑の街路樹が遠くまで続き、
市内電車の線路が大きく右に曲がり、行き交う車がワイパーで雨をかき分け、
薄暗く浮かぶ市街地の景色は、
雨が運んでくれた風情と安らぎのセレナーゼを醸し出す絶景の絵画である。


実は、このお店は私が家内と結婚する前にデートで利用したことのある、
ケーキ喫茶店であり、若き青春時代の想い出が残っている過去を遺したお店である。
(これからもいつまでも地元に愛され必要とされ続け、
繁盛されることを心より祈念)

本日の映画「夏の終り」の恋愛感情をそのまま引き下げ、
私の若き時代へタイムスリップさせてくれた、
昭和の香りが少し漂う「カフェ房州」に感謝します。

秋の足音を告げる様に、
静かに落ちる秋雨に濡れながら「夏の終り」を身体で憶え、
晩夏のなかで観た壊れゆく恋の映画『夏の終り』に、
若き日の作家、瀬戸内寂聴(晴美)の恋愛人生観に浸り、
若い一人の奔放に恋愛に生きる女性を感じることのできた120分間。

そして最愛の家内と久しぶりに、
愛の物語という深い海の中で、夏の終りを泳がせていただいた。

暑い夏から 秋は雨を伴侶に小走りで・・・。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ... 27


記事カテゴリー

最新記事

PAGETOP