道経筆録 記事一覧

人事異動評価の正しい認識

2015年5月28日

『道経筆録』
新年度~人事異動評価の正しい認識~        WL代表 江口歳春


皆様のお陰様で第24期新年度を迎えることができました。
心より社員の皆様、加盟店様、お客様、協力業者様のお陰様でありお礼と感謝を申しあげます。

今回は新年度に際して評価や人事異動についてお話します。
WLでは半期を終えると正社員の個人評価を行ないます。
そしてその評価結果をベースに一部人事異動も行ないます。
会社リーダーである私は理念経営を業務推進の指針とし、その追求に向け経営戦略を立案し指示を行ないます。

必要戦略は多種となりますが、重要戦略の柱に人事戦略があると考えております。
店舗運営においても同様でありCS向上のためには、何よりも人事戦略が重要となります。
誰に何を任せるのか、計画的な人材育成をどうするのか、会社リーダーや店長の決定に対して実行推進するのは、全て人ですから人事戦略は組織の要諦となるのです。

皆さんの関心の高い評価と人事異動について私の見解結論を先に述べます。
「上司からの評価は正当ではなく、人事は不公正である」と理解し組織として受け入れなければならないものと認識することです。

私は過去にサラリーマン生活を約14年間過ごしましたので、多くの評価や人事異動を経験しました。
その中で上司と部下の評価結果は決して一致しないものであると悟りました。
それば双方の過去の経験やスキル、思考力と将来展望する点が相違するからです。
小学生が考えるものと中学生や大学生のレベルが相違するのと同じです。
人は自分の知識や体験、思考の中でしか判断することはできないのですから、評価結果は自身と上司採点とは相違することが当たり前なのです。
店長に気づくことが新人PNさんには気づかないのは当たり前なのであり、リーダーの気づきと部下の気づきは乖離が存在するのです。

ですから業務評価は他人上司が行なうものであり、上司からの評価結果を謙虚に認めることが大事になるのです。
納得できなかったとしても評価とはそういうものなのです。

自身の頑張り取り組んだことは十分に理解できますが、同時に他の社員も同様に自身としては頑張ったと自負しているのです。
リーダーは成果に順位をつけてみるので、どうしても部下の自身評価とは相違します。
人は誰でも自身を保護し甘く評価するものであり、他人には厳しく評価する傾向にあるのは否めません。

それぞれが、これまでの人生における価値観を持っているので、その色メガネを通して世の中を見識しているのです。
色メガネをかけ換えれば違う視野が広がり見える景色は変わることをパラダイムシフトと呼び、自分の見識や世相観を変えることです。
時には上司の評価結果を謙虚に受けとめ反省し思考を少し変えることも、自分自身を成長させるためには必要不可欠です。
組織や世間の評価は、他人が勝手な判断で行なっているのです。

もう一方では自身に対する自己評価も非常に大事です。
この評価は簡単に行なうことができます。
他人と比較しない評価です。
相対評価とは他人と比較すること(社会や組織)ですが、自己評価は、自身の過去や前年との比較を行なうことです。
前年の自分と比較し目標化及び約束したことがどれだけ実行されたか。
前年と比較してスキルアップができたか否かを評価し自身を褒めてあげることができれば成長の証です。
反省が多ければ上司の評価も正しいかもしれません。

もう一つ評価に対して非常に重要なことがあります。
先に「上司からの評価は正当ではなく、人事は不公正である」とお話しましたが、仮に評価が間違っていたり、不当であったとしても「長い人生においては、やがては正当な評価が下される」ことです。
間違いなくでこぼこ評価の延長線上には、正当な評価結果が訪れるのです。

私は、常に自分の人生は自己責任であると認識し伝えております。
結論として自分の蒔いた種は自分が刈り取らなければならないし、蒔いた種は必ずは生えるのですから、人生の評価はいずれ正等な結果として表れるのです。
ですから日々誠実に前年や先月以上の努力を真摯に行い自己修養に努めることこそが肝要なのではないでしょうか。

リーダーに必要な現実把握力

2015年3月5日

『道経筆録』
~リーダーに必要な現実把握力~          WL代表 江口歳春

今年も早いものであっという間に3月を迎えました。
この時節、多くの店舗では学生パートナーさんの卒業や新規採用に伴い、店長や責任者異動が発生します。

店舗責任者の店長や時間帯責任者、また本社における部門や部署責任者の皆さんにとって、
職場リーダーとして、1番必要なスキル(能力)をしっかりと認識することが大事です。
リーダーには様々なスキルが必要となりますが、1番必要なスキルは何でしょうか。

先日もある責任者に質問を投げかけた際に・・「リーダーシップ力と決断力」と答える社員がいました。
もちろん私もリーダーシップ力は非常に重要なスキルだとは思いますが、1番だとは考えていません。
1番重要なのは「現実把握力」だと思っています。
どんなにリーダーシップ力や決断力があっても、現実を間違って把握してしまったら、誤った判断でリードしてしまうことになるからです。

例えば、店長の不在時に発生したトラブルにおいて正確な情報ではなく間違った報告を現実として受けとめたり、
本部でメニュー改訂やオペレーション見直しを行う責任者が、店舗で発生している現実の課題把握を間違って認識していたりすると、
メニュー改訂や製作をすれば大変なミスに繋がります。会社のリーダーである社長は部門責任者からの報告を受けて戦略や戦術を決定しますが、
誤った現実を把握すれば重大なミスを招き時には会社が危険な状態になりかねません。

つまり、いくら果敢に決断しリードしても、間違った現実把握に基づいていれば、
間違った決断を行ない、間違った結果を招いてしまうわけです。
決断力を発揮する前にまず大切なのは、現実を正しく把握することです。

何か事態が発生するには、必ず原因があります。
その原因を正しく掴めさえすれば、解決策も出てきます。
つまり現実を正しく把握出来れば、正しい決断も自ら出来るようになるのです。

例えば「原価率が高い」という現実には必ず原因が存在しますが、
原因究明の前に、現実をしっかり把握し分析することで原因が究明出来ます。
現実を正しく把握する為には、考えられる様々な要因を整理分析した上で、本当の原因を探り出さなくてはいけません。

責任者が、ある業務をメンバーのうちの誰に担当させるか考えるときにも、
個々のメンバーのスキルや経験、得意不得意といった「現実」を把握出来ていなければ、適切な仕事の配置が出来なくなります。
店舗開発営業もSVも同様です。顧客や店舗の課題やニーズを正しく把握しているからこそ、
顧客にとって魅力的で有益な提案が可能になります。

仕事では、毎日様々なレベルの問題が降りかかってきます。
現実把握力は、そういった1つ1つの問題に真摯に向き合う中で次第に身に付いていくのです。
リーダーになったら、現実把握力を磨くことを意識して下さい。
そして、リーダーは部下の弱い部分や出来ない部分ばかりを見ていては良い組織構築は出来ません。
部下の良いところ、長所をしっかりと見極めて、得意な面を生かせる仕事を割り振りすることが肝要です。


謹賀新年:計画と実行力

2015年1月21日

『道経筆録』
~謹賀新年:計画と実行力~          WL代表 江口歳春

新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。
2015年の新年は1月1日ですが、会社企業にとっては期首の新年度がありますので、
企業は新年を二つ迎える事になります。

世間では、新年は初詣に行って欲張りな祈願を行う方、
またじっくりと今年の抱負や計画目標を立てる方も多く見受けられますが、
いつのまにか計画倒れに終わっている方も多いのではないでしょうか。
今回は新年号にあたり、計画と実行力の関連性について考えてみたいと思います。

私達は1月に新年を迎え12月の大晦日で1年を終えます。会社は期首に業務改革や数値等の年間目標を設定します。
そして期末を迎え1年を終えます(決算)。会社の目標は戦略によって推進されるのですが、
その戦略は実行力の度合いによって、その成果業績が決定するのです。WLでは、社長が重要項目について経営戦略を立案し、
部門に具体的実行策(戦術化)を指示します。そして部門から部署に実行すべき項目(戦闘)が指示指導されていきます。
しかし優れた戦略を立案したとしても、実行されなければ全く無意味であり成果業績には表れないのです。
(戦略と実行力がもたらす業績の関係については次の様になります)

☆優れた戦略100点×実行力40%=業績40

☆戦略70点×実行力80%=業績56

店舗における実行力とは、お客様に喜んで頂く為に実行する力であり、凡事徹底がベースとなります。
店舗理念である「元気宣言・情熱宣言・頑張る宣言・五信条」を励行する力、
マニュアルを厳守実行する力、高いQSCを提供する実行力などです。
決定したことが実行されなければ目標は達成されないのです。

すでに皆さんもお気付きの通り、新年に立てた目標や抱負が達成出来ない大きな理由は
実行力が弱い(実行がされない)からなのです。では、どうすれば少しでも実行力を高める事が出来るのでしょうか。
計画立案から実行へのプロセスをロジカル的に捉え確立する事が重要だと思います。

①目標設定の内容は自分の価値観と繋げる事です。
人は心から価値をおく事には本気で行動します。
自分自身の価値観を見つめる事で大切な目標計画を立てる事ができます。
WLは経営理念という価値観の達成に向けた目標を設定します。
(健康第一であれば、禁煙、ダイエット、ウオーキング等)

②目標とは頭の中ではなく書き出す事で行動に移す力を高め多大な影響を与えます。
書き出す事で考えを整理でき、達成しようとしている事を実現しようとする行動が生まれます。
書き出していない目標は目標とは言えないのです。
(事業計画書、年間目標、毎日勤行、目に付く場所に等)

③目標を達成するための具体的な計画を考える
(プランから始まる:短期・中期・長期に分けて)

④目標の実現をサポートしてくれそうな人を味方につける
(仲間を巻き込めば成果は多大:伴侶・先輩上司・友人等)

⑤目標を達成するための行動をとる
(自身の価値観と連動させる行動が鍵:できる仕組みを作る事)
 
「計画を実行する力」とは「自身の理念の強さ」であり、私達自身の心のあり方でいかようにも決まるのではないでしょうか。
正しい理念があれば計画は強く実行されますが、信念、魂の無い計画では未達となるのです。
今年は3月には、ばり嗎のジャカルタ店、4月には香港店のオープンを予定しております。
今年は世界海外の方々に、日本の旨いラーメンを食べて楽しんで頂きたい。そして少しでも日本の良さを享受頂きたい。
そしてスタッフの皆さんに夢とやり甲斐感動をもっと感じて欲しいと思います。
本年もスタッフ一人ひとりの前向きな取り組みを頂きます様、宜しくお願い申し上げます。

道徳と経済の一致

2014年11月27日

『道経筆録』
~道徳と経済の一致~          WL代表 江口歳春

念願でありました、ウィズリンクグループで働く仲間同士を繋ぐ社内報として、
「Withlink-Press」を創刊することになりました。
代表として大変嬉しく思います。

今後はグループ代表としてColumn「道経筆録」を掲載させていただきます。
人生の先輩、賢人偉人の方々の訓え等も紹介し、私が思い伝えたいことなど、
徒然に筆をとっていきたいと思っておりますので、末永くお付き合いを宜しくお願い致します。
創刊にあたり、WL経営の根幹に掲げている「道徳と経済の一致」をテーマに筆をとらせていただきます。

人は何のために働くのか、何のために生きるのか?

WLでは、道徳としての正しい言動姿勢のあり方と、生活の糧として必須である利益追求をリンクさせ、
皆さんが幸福になることを根幹テーマに掲げています。

仕事は生活手段としてお金を稼ぐためではありますが、お金を稼ぐためだけに働くのではないと思います。
仕事には、人間関係や様々な業務を通じて自身の心(魂:たましい)を磨き高めてくれる効果があります。
ですから仕事に向かう心の姿勢、思いが大きく影響します。

仕事を通じて人間関係で苦悩したり、クレームをいただいたり、失敗や成功を体験しますが、
それら総べてが、自身の心を鍛え養う修行に繋がっていると思います。

仕事には素晴らしく多くの効用がありますので、まずはしっかりと仕事の意義を自認することが大切です。

辛いことや悩んだ時は、自己成長に向かっている摩擦と捉えてみてはいかがでしょうか。
人は誰も皆な苦悩しています。悩んでいない人はいません。
大事なことはその事実を受け止め、前向きに取り組む心の姿勢のあり方にあるのです。
仕事で自己の心を磨き、お客様への社会奉仕貢献の大きさが売上利益や給料となって私たちにもたらされているのです。
「道徳観を意識した誠実な取り組みにより、心からお客様に喜んでいただく社会貢献の仕事を通じてこそ、
人間としての成長と糧である給料が宿される」のです。

道徳と経済を、あえて分けて捉えるならば、「働くとは自身の心を磨き高めること」であり
「仕事とは成果を出すこと」とも言えます。

ですから仕事をするとは成果を出す取り組みでなければ良い仕事をしたとは言えないのです。
そしてお客様に喜んでいただき「ありがとう」を集めるCS言動や、店舗ルールや規律を守り、
清掃ラリーで懸命に整理整頓清掃を行い、提出期日厳守の行動や、遅刻をしない、決めた約束を守ること等、
仕事を通じて自分自身を強く鍛え磨いてくれるのです。
「辛いな~」と思う時は、自分の未熟さの現れと謙虚に受け止めて、励むことが大切ではないでしょうか。

私は仕事こそが自分自身の心を鍛え高めてくれる最高価値があるものと考えております。

人生や余暇をより楽しく充実したものにするにも、仕事が楽しくなければ絶対に無理です。
仕事から逃げず高みに挑むことが、自身の人生に真剣に向き合うことであり、
両親からいただいた大切な命を使い磨くことだと思います。

「道徳と経済の一致」は描いた理想の餅ではなく、
私達自身の心のあり方次第でいかようにも決まるのではないでしょうか。

1 2 3 4 5


記事カテゴリー

最新記事

PAGETOP