道経筆録 記事一覧

第25期 経営方針 ~重点戦略~

2016年8月1日

『道経筆録』
第25期 経営方針 ~重点戦略~    WL代表 江口 歳春


今回は今期の重点戦略について述べさせて頂きます。

昨年より少子高齢化が顕著となり労働市場環境は一変、中小企業においては労働力不足が深刻化し、当チェーン店舗においても人員不足による運営を余儀なくされるケースが増加しております。このように、社会時流は予測を超える早いスピードで変化し、店舗組織体制及び収益構造にも影響を及ぼしている一方で、海外からのインバウンド観光客数は前年比で急増し日本列島が揺り動かされ、世界動態変遷は社会経済ニーズをも大きく塗り替えています。

WLでは、急速な社会環境変化及び国内景気後退局面を受けとめて、そしてこれからの企業成長を図るために、以下の3分野において、今期の重点戦略として推進して参ります。

1.成長拡大戦略
①営業推進・エリア拡大(国内から海外出店への比重を高め、100店舗をクリア)
②ブランドのブラッシュアップ(ブランド力向上)
③WLシンガポールSV業務の推進

2.人財開発戦略
①エリアマネジャー・スーパーバイザーの育成強化
②適材適所人事の推進
③リーダーシップ店長の育成
④販促企画

3.人事改革戦略 ~長期化する労働力不足策~
①人財採用強化(シルバー層の採用)
②労働環境の改善
③インターナショナル社員が活躍できるフィールド環境の整備(海外人財採用パイプ構築)
④新人事制度改革を推進
⑤成果共有改革

この重点戦略は、社員ひとりひとりが経営理念の第一項である「顧客感動満足の提供」を通じて、地域社会に貢献できる人財へ成長するために、何をすべきであるかを経営最高責任者である社長が、熟慮し心を込めて示したものです。
したがってウィズリンクの「最終経営責任」は、この経営戦略を立案した「社長」にありますので、社長は最終責任を全て受けとめます。その代わりに社員の皆様には、社長決定の業務指示には完全実行していただき、そして役職役責に応じた業務実行担当者として「実行責任」を追及します。

WLは外食コンサルティング企業として、国内外にWLの存在価値を高め、社会から必要とされる『日本一のラーメンFC本部』を掲げて邁進してまいります。社員の皆さんには、新年度を機に自己の幸福追求のため、前年度の自分を越える覚悟決意を固めていただき、自己成長へ変革するための具体的なギアチェンジ行動に繋げ、「デッドライン遵守」・「自己に課せられた成果」を挙げていただくことを期待します。

経営理念の追及姿勢を三世不変とし、環境創造企業へと進化する経営戦略を企て、真に社員ひとりひとりが輝ける会社を創るため、今年も社員の皆さんには無理難題を承知で多くの課題や協力をお願いしますが、社長が先頭に立って汗をかき、最終責任は全てとりますので、プラス前向き思考による果敢な言動を宜しくお願い致します。

人生も会社も~生涯成長~

2016年5月30日

『道経筆録』
人生も会社も~生涯成長~    WL代表 江口 歳春


今年も無事に年度末の4月を終えることができました。
5月1日から、第25期に入り、ウィズリンクは新年度を迎えます。
これもひとえに、社員スタッフの皆さん、お客様、業者の皆様のお陰様であり、心よりお礼と感謝を申し上げます。

毎年新年度を迎えるに際し、私が強くこだわることがあります。
それは「会社として、前年よりも改善され良くなったか、成長できたか?」ということです。

業務改善すべき課題は多くありますが、前年よりも改善され良くなったのかどうか。
残念ながら店舗の就業環境は改善には繋がっておりません。
就業環境整備、給料引き上げのためには、前年よりも利益数値を向上させなければなりませんし、私達が成長するためには、店舗の売上高、客数、営業利益も前年より向上させる必要がありますが、果たすことができたのか。

人は生涯勉強であり、生涯成長することが大事と考えておりますが、そのためには、毎年少しずつでも成長し、昨年よりも成長が実感できることが必要なのです。

既存店が昨年と比べて売上が上がったのか下がったのか。この数値はFC本部としてブランド業態力を示す、極めて重要な指標数字です。
店舗を増やせば売上は上がりますが、既存店の売上が下がる様では、新店舗もすぐ同じ状況におかれ、会社が成長する事はできません。
昨年より成長していかなければならないものは、メニュー商品開発、QSC向上、育成見直し、自己研鑽など多岐にわたります。


人間の人生は有限であるからこそ、人は昨年より成長をし続ける必要があるのです。
最も大事な成長は、人格形成向上を意識し、人間としての道徳観を高めることです。上司や部下の悪口や愚痴を言わない。反省の習慣と感謝の心をもつ。そうして仕事面における成長があります。
課題改善に向けて習得すべきスキルは習得したのか、仕事のやり方を見直し、工夫改善により成果に繋がったか。自己目標が達成できたのか・・・。
健康管理、家族との関係等、目標設定と実行力を振り返り、客観的な数値による成長管理も必要です。
会社では半期毎の人事考課、定量評価(実績数値)、定性評価(理念姿勢)により評価採点します(正社員:準社員含む)。取り組んできたこと、成果内容を振り返り総合評価されます。自己成長がなければ成果は上がりません。成果が上がっていなければ業務における自己成長はないとうことです。

第25期WL経営計画方針は、5月26日の全体会議にて報告交付いたします。
前年よりも成長するために、WLフィロソフィー理念、経営指針の明確化等一部改定を行ないました。

日々の生活や業務の惰性に流されることなく、もう一度自己成長するための具体的な目標課題を掲げることが肝要です。
あなたの来年度のテーマ(会社ではスローガン)を決めることです。
そして人生目的、目標を明確化させることがスタートになります。
生涯成長を目指すことこそが人間として生まれてきた最大目的ではないでしょうか。成長は最高の親孝行であり社会貢献に繋がります。
新年度を機に、是非、自己成長プランを作成していただきたいと思います。

「WL根幹思想:自因自果」

2016年3月25日

『道経筆録』
~WL根幹思想:自因自果~    WL代表 江口 歳春

私が社員の皆さんにいつも講話している「WL根幹思想」については、
PNさんにも良くご理解いただきたい人生における重要テーマと捉えておりますので改めてご説明します。

最近では「自業自得」(じごうじとく)という言葉を聞く機会が少なくなった様に思いますが、
「自業自得」とは、経営計画書(P15)に記載しております「自因自果」(じいんじが)と同じ意味であり、
皆さんも日常生活において耳にする言葉と思います。
私達が最も知りたい「運命の仕組み」を一言で表されているのが「自業自得」という言葉です。
「業」とは「行為」のことですから、「自業」は自分の行為。「自得」とは「自分が結果(運命)を生み出す」と教えられている言葉です。
「自業自得」と聞きますと、悪い運命(不幸や災難)が現れた時にだけ使われる言葉のように思われがちです。
例えば、家族や同僚から、「体に悪いからタバコはやめたほうがいい」と勧められても一向にやめず、
吸い続けて病気になった場合「あれは自業自得だよね」とささやかれます。
日報をアップしたつもりで不備があって上司より叱られたのは、
アップを確認していなかった「自分のせい」であり「確認を怠ったのだから自業自得」と言われます。

しかし「業」とは「悪業(悪い行為)」だけのことではなく、「善行(善い行為)」も「業」なのです。
“何千回と実験を失敗しても、諦めず研究を続けた結果、大発見をしてノーベル賞に輝いた。”
こんな場合も、「諦めずに研究に励んだ」という自分の行為によって、
「ノーベル賞受賞」という結果を得たのですから「自業自得」です。
友達がカラオケ等で遊んでいる時も頑張って仕事して成果を挙げ、早く出世できたのも「自業自得」なのです。
自分の行為によって得た結果ですから、善いも悪いも、自分に現われる運命の全ては「自業自得」なのです。
大根の種を撒けば大根ができます。スイカの種を撒いても絶対にメロンはできません。

本当にその道理を認識していれば、ミスを起こしたり成果が上がらないとき、
自分の行為をかえりみることなく、上司のせいにしたり憎んだりしているのは、
いかに愚かなことか知らされるでしょう。
分かり易く言えば「撒いた種は必ず生える。撒かぬ種は絶対に生えぬ」ということです。

もっと端的に言えば、現在自分自身の待遇や取り巻く身辺で起こっている全ての事象は、
自分自身の過去の言動そのものの結果なのです。全ての結果には100%原因があります。
バスや飛行機墜落事故も原因があることは皆さんが承知している通りであり説明は不要でしょう。
であれば、「頑張っているのに上司や店長が評価してくれない」「成果が上がらないのは会社や上司のせい」
「店長が対話してくれない」・・・よく考えてみれば全ての原因は自分自身の言動にあることが悟られることでしょう。

では、良い成績成果、多くの収入を得る、幸福な人生を得るにはどうすれば良いのか? 
答えはお分かりの通りです。約束を守る、誰にも負けない努力をする、いわゆる善い行いを実行することです。
悪い結果を避けたいのであれば、悪い言動を行わなければよいのです。
言葉遣いを正し誠実な言動を行う、5Sを励行する、それらを集約し経営計画書に記載している言葉が
「廃悪修善(はいあくしゅぜん)」の勧めです。
人生は自身の行為そのもので創造される事実を認識すれば、
人が見ていないからゴミを捨てたり、金品を盗む行為が、やがてどんな運命結果をもたらすかの説明は不要でしょう。

原因に対して結果が起きます。問題に対する本質的な対処が行われていれば、
思い通りの結果が出ないことはあっても、徐々にそして確実に思い描く結果に近づいていくことができます。
本当は自分でも分かっていることなのに、ついつい、「違うところに原因がある」と問題の本質をすり替えたり、
「頑張った自分を褒めてあげたい」といった問題への対処をごまかすからです。上手くいかない理由に対して、
「聞いたこともないような新しい理屈」を持ち出したり、理解できない論法だったりすれば、
それは間違いなく「屁理屈」であり、問題のすり替えと思って間違いありません。
大事なことは、難しい理論理屈で考えることではなく、本質に立ち返って最も重要な原因に一つ一つ、確実に対処していくことです。
表面上の対処では、そのときは誤魔化せても、必ずまた同じことが繰り返されます。
あなたは、失敗したときに本質的な原因を改善しようとしているでしょうか? 善い人生(結果)は善い言動(原因)からしか生まれないのです。

「謹賀新年:部下育成」

2016年1月22日

『道経筆録』
~謹賀新年:部下育成~    WL代表 江口 歳春

新年あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申しあげます。

昨年の外食を取り巻く環境は大きな激動の年でありました。日本最大手のマクドナルド業績低迷が長期回復せず大量閉店、円安による食材原価高騰により多数の店舗が値上げを実施、大手居酒屋のワタミは昨年度に続き2年連続で大量閉店を行い、業態転換も急ピッチで進めている。
日本を代表する大手外食企業の低迷は会社解体にまで着手し、外食業界の景色を塗り替えております。また人材採用難による人員不足加速、訪日観光客インバウンドの増大によるメニュー言語の対応等…。
残念ながらいまだに昨年の低迷業績、厳しい採用環境は継続しております。

特に私達にとって身近な問題としては人材不足採用難が大きな課題となっております。私は現代における人材採用については、概念を根幹から覆す発想が必要であると認識しており、海外も視野に入れた新しい採用スキームに着手しております。店舗の皆さんも従来の概念を変えて具体的に取り組む必要があると考えますが、何をすべきでしょうか?それは「今いるスタッフの離職率を大きく下げる」ことです。
店舗スタッフの退職理由は色々ありますが、大半は人間関係や、小さな不満の集積であり、「心と心のつながり」が特に大事なのです。そして部下人材育成を本気で行っていないことが原因となるのです。私は人材育成とは、親が子供を躾ける様に、その人に対する愛情の現れだと思います。しかし、正しい部下育成法について学んだことが無い方が多いと思いますので、今回は「部下育成に必要な7つの力」の要点を紹介させていただきます。

① 【会社理念共有力】
⇒様々な価値観を持った部下達を「一つのチーム」として結束させるためには「理念」が重要であるということを理解し、実際に自身で「理念」を体現する努力をしている。

② 【承認力】
⇒スタッフに「感謝」する「褒める」など相手を承認する力。思っているだけで言葉や行動に表していない店長が多い。

③ 【叱り力】
⇒「ことなかれ主義」にならず部下を「叱る」力。あくまでも叱るのであって「怒る」では無い。「叱る」のは相手の成長を目的としているのに対し、「怒る」というのは自身の怒りをぶつけることを目的としている。

④ 【リーダーシップ力】
⇒店舗(会社)から与えられた目標達成を前提に、部下個人の仕事スキルや個性を踏まえた上で個人目標を設定し、目標達成に向けた指導やフォローを行う力。

⑤ 【モラル力】
⇒身だしなみや仕事、お客様に対するスタンスに関して、自身の「ポリシー」を持っていること。またその「ポリシー」が会社のルールや理念とかけ離れていないこと。

⑥ 【指示力】
⇒「具体的な方法」や「期限DL」を設定した上で業務指示が出せる。また「丸投げ」ではなく「任せる」スタンスを持っている。「丸投げ」と「任せる」の大きな違いは「明確な指示」「的確なフォロー」が有るか無いか。

⑦ 【やる気引き出し力】
⇒部下に裁量を与えチャレンジさせ、失敗したら改善方法を一緒に考え成功したら褒める。何よりも自分自身が「イキイキと働いている姿」を部下に見せられているか。

上記7つの力が「部下育成」を行う上では重要なポイントになります。是非、皆さんの店舗職場でも上記ポイントを意識した指導や教育体制を構築していただければと思います。

お店を職場としてしっかりとオペレーションの基準を作り、周知徹底してもらうことばかりが人材教育ではないのです。「心と心」のつながりがあってはじめて、協力してくれたり、考えたり意見してくれたりするものであって、怒って人が動くことはあり得ません。今一度、地固め、チーム編成を行い、人間に対して時間をとらなければスタッフからもお客様からも信頼を得ることはできないと思います。

今年もより多くのお客様に感動と満足を提供し、お客様からの「ありがとう」を集められる店舗、会社創りに取り組んでまいります。海外の方々にも日本の旨いラーメンをもっと食べて楽しんでいただきたい。そして少しでも日本の良さを享受いただきたい。そしてスタッフの皆さんに、素晴らしい店舗の仕事を通じて、社会貢献と遣り甲斐感動をもっと感じて欲しいと思います。

本年もスタッフひとりひとりの前向きな取り組みをいただきます様、宜しくお願い申しあげます。

1 2 3 4 5 6


記事カテゴリー

最新記事

PAGETOP