1 2 3 4 5 6 ... 27

「使命感と自立飛行」

2017年6月22日

『道経筆録』
「使命感と自立飛行」     WL代表 江口歳春


2017年5月1日~WL第26期新年度がスタートしました。
経営理念をより明確に、そして社員への認識補足、目指すべき目標を深めるため、今期より使命感(志)と私達の目標(夢)を掲げ、本社及び経営計画書に記載しました。
私達が日々、生き生きと仕事、人生を送ることができるベースにあるものは、お金でしょうか。お金を稼ぐために働き、収入を得て評価されることは遣り甲斐として必要不可欠ですが、遣り甲斐と同じく、人生において大切なことは、生き甲斐ではないでしょうか。生き甲斐は、生きる目的や、人様や世の中の為に役に立ち、自身が必要とされることであり、いわゆる使命感や志にあたります。
WL社員の使命感(志)~「全てのお客様に喜んでいただくこと」~
お客様に喜んでいただくことが社会貢献であり、自身の存在価値として、生きる目的と定義し創設しました。人様に尽くすことが結果的には、自身の喜びや仕事の充実感、生き甲斐を生むのではないでしょうか。


さて、新年度に際し、新卒社員の入社もありました。
先日あるエッセイを拝読し、現代社会における働き方、育成から自立飛行についての気付きをいただいたので、私なりの解釈をお伝えしたいと思います。

学校の生徒は、先生と教科書にひっぱられて勉強する。自学自習という言葉こそあるけれども、独力で知識を得るのではない。いわばグライダーのようなものであり、自力では飛び上がることはできない。 学校はグライダー人間の訓練所である。自力で飛び立つ飛行機人間はつくらない。学校では、ひっぱられるままにどこへでもついて行く従順さが尊重される。勝手に飛び上がったりするのは規律違反となる。

WLという会社組織においても似たような現象が見られます。新入社員は、上司先輩から指導を受け従順にチェックされ成長します。やがて、指導を受けることが当たり前となって、完全な受け身体制に変容します。初期学習において、学び真似ることは非常に優良な成長方法であるが、入社3年を経ても未だに会社から教えられる指導学習を期待し、自分の知恵をつかって力強い成長、自立を目指すことが少なくなってきています。教えていただく受け身が自己成長を蝕み、前向きな人生創造することを忘れているのです。

「何故、こんなことができないのか?」
「教えていただいていないので・・・」
グライダーは誰かが引っ張ってくれて飛ばす手助けをします。飛行機は自力で飛び立つのであり、そこには大きな相違があります。他人のことと笑っていられるだろうか? 自己目標達成も同じことであり、どうすれば達成できるのか、改善できるか教えていただいていないからできないと思っている管理者はいないでしょうか。販促計画立案、メニュー考案等においても同様です。上司からの指導を待っており、指導されていないからできないと考えていないでしょうか。
目標達成計画書、改善改革計画立案も作成できないのは、グライダー人間と同じです。
 
 人間には、グライダー能力と飛行機能力があります。受動的に知識を得るのが前者、自分で物事を発明、発見するのが後者です。両者は一人の人間の中に同居しています。グライダー能力をまったく欠いていては、基本的知識すら習得できません。何も知らないで独力で飛ぼうとすれば、どんな事故になるか分かりません。
 しかし、現実にはグライダー能力が圧倒的で、飛行機能力はまるでなし、という人間がたくさんいることも確かです。
 学校はグライダー人間をつくるには適しているが、飛行機人間を育てる努力はほんの少ししかしていないように思います。学校教育が整備されてきたということは、ますますグライダー人間を増やす結果になりました。

会社は授業料をいただいて教えるところではなく、社員に生産性対価に対して給料を支給しているのであり、会社貢献する場です。自立飛行能力は必須スキルであり、報連相と会社ルールの中で自分で考え、自分で飛ぶことのできる社員を人財と定義しています。
生き甲斐の追求は、飛行機人間と重なるのではないでしょうか?
お互いに似たようなグライダー人間になると、グライダーの欠点を忘れてしまいます。知的、知的と言っていれば、翔んでいるように錯覚してしまいます。


「海外ばり嗎~展望」

2017年5月9日

『道経筆録』
「海外ばり嗎~展望」  WL代表 江口歳春


現在、海外のばり嗎出店が加速しておりますので、少しご理解をいただく機会として、先日訪問したフィリピンの視察内容を報告します。
ASEANにおける、海外店舗拡大をイメージして下さい。


2月末、ばり嗎ラーメン加盟希望のフィリピン企業様との面談、商圏立地探索のために
ウィズリンクより4名でフィリピンを訪問しました。私のフィリピン視察は7年ぶりとなりました。

マニラ空港から市街地に向かう道すがらで見る光景は、7年前の状況とほぼ一緒で変わらないフィリピンを見た一方、市内中心部には高層ビルが立ち並び、急速に拡大する経済状況も垣間見られました。

そして、戦後70年の中で貧富の差がとてつもなく開いてしまった国の一つで、人口1億人のフィリピンのうち、世帯収入が月収4.6万円以下の所得層が全国民の78%というのが現実です。
そんな状況でも全国800ヶ所にショッピングモールが出来上がりましたが、ごく少数である5~8%の富裕層向けのA級モールと、全体の2割程度の中間層向けのB級モール、そして残りの8割弱が貧しい層でも楽しめるC級モールになっています。
多くの方が貧困層と言われ、スラム生活を余儀なくされています。
3年前より人口が増加に転じており、市街地ではひどい渋滞が起き、移動時間に大きなロスが発生しております。

世帯収入4.6万円以下であっても外食の習慣があり、エンゲル係数(家計の所得に対する食費の比率)は、なんと50%なのです。低所得でも外食と食にお金を使います。
貯蓄習慣の薄いフィリピンでは収入のほとんどを消費に充てます。
そして、その外食もローカル食は非常に安価です。

フィリピンの国民食とまで言われる「Jolibee」(ジョリビー:ハンバーガーとチキンのお店)のセット価格は、99ペソ(230円)程度です。
ミスタードーナツは1個16ペソ(37円)・・・(共に美味しく無い)です。
低価格の外食レストランやフードコートは、毎日夕方6時には沢山の来店客で賑わいます。
中間層で賑わうフードコートのステーキランチは145ペソ(334円)です。
そしてスターバックスのドリップコーヒーが105ペソ(242円)です。
目を疑うのが、スターバックスの賑わいようです。

日本のスターバックスだと、小さいShortサイズが一番出るようなのですが、フィリピンのスターバックスの店頭にはShortの文字は無く、Tall(普通サイズ)からはじまりVenti(とても大きいサイズ)までなのです。
そして、ほぼ全員がVentiを買っているのです。
「なぜ?」と聞くと、「Grande(大きいサイズ)と20ペソしか変わらないから」との答えでした。
少しの差なら、大きいものを!という国民性らしいです。
そしてスターバックスに若者が多数いるのも、その国民性から来るプライドというか見栄というか、「スタバにいる私格好いいでしょ!」という訳で、この辺りの思想は日本よりも進んでいるのかもしれません。

一方、日本の人気ラーメン店の価格は、一風堂が380ペソ(880円)、凪ラーメン390ペソ(900円)と、かなりの高価格で提供されています。他のラーメン店も350~380ペソ位で提供されています。
いずれもA級モールへの出店であり、繁盛しております。
もっと安価で旨い日本ラーメンが提供できれば爆発的な人気となることは間違いありません。
ばり嗎は今年の夏頃に1号店を成功させ、一気に多店舗拡大を推進し、フィリピンで一番店舗数の多い日本ラーメンチェーンの展開を計画中です。ご期待下さい。

更に、日本以上に発達しているのがFacebookなのです。
フィリピンではFacebookの投稿は、データ通信料の対象外という契約形態が多いらしく、Facebookをどれだけ使ってもデータ通信はゼロ円だというのです。
ネット検索ももはやGoogleではなく、Facebook検索を使う方が大半だと言われています。
ここまでくると日本をしのぐ勢いで、「日本より遅れている!」とは言えない状況です。
ASEAN各国にはASEAN各国の独自の事情があります。
日本より遅れている部分もありますが、進んでいる部分もあります。

ウィズリンクグループとして、国内の出店は停滞しておりますが、海外出店は順調に推進しております。
3月16日マイタウン店(マレーシア クアラルンプール)、3月18日バリ店(インドネシアのバリ島)、4月18日風雲丸香港店、4月末パビリオン店(マレーシア クアラルンプール)、4月末シカラン店(インドネシア ジャカルタ)、続々と・・・いずれも有名な好立地に出店します。
マレーシアのパビリオン、バリ島は日本人観光客も大勢訪れる人気スポットエリアですから、知名度も向上します。

これから海外店舗数は、とりの助も出店し更に増加してまいりますので、是非注目して下さい。 
 

「感動の仲間作り」

2017年3月10日

『道経筆録』
「感動の仲間作り」  WL代表 江口歳春


同じ志をもつ人間づくりに必要なものは報酬であり、報酬さえあれば燃える集団ができるのだろうか?

店舗運営において、よく耳にするのが「優秀な部下やPNがいない」「店長と同じ思考ができる部下が欲しい」といった話である。
そんな部下やPNがどんどん採用できて育ってくれれば言うことないわけだが、そんなことはまずない。
そのような社員やPNが生まれてくる土壌は、その店舗の環境次第で決まる。

では、店舗の文化とはどこから生まれるのか?
適正な店舗理念を策定すれば、そのような人材が生まれるのか?
そういうものではない。

人に人格があるように店舗にも店格(店舗文化)がある。
人の人格とは長年にわたって周りから影響されて、自分自身の思考と解け合って生まれ出るもの。同じように、店舗の文化を創るのは、ハードではなく、ソフトであり、社員やPN一人ひとりの人格が解け合って創造されたものであり、「文化を創る」とはそういうことである。

社員一人ひとりの人格をつくり、一人ひとりが周りに影響する。その伝播する形(スタイル)や内包物によって本物の店舗理念が出来上がる。
一人ひとりの人格が文化に成るのではなく、影響しあってできた観念、思想などが文化となっていく。だからこそ一人ひとりが生み出す言葉や思想やアイデンティティーが重要になってくる。


掲げた店舗理念が「絵に描いた餅」と言う店舗がよくある。
『あなたの店舗は、何をする店舗なのか?』
ただ単に、らーめんを提供するだけの店舗なのか? それとも、明るい笑顔と一緒に美味いらーめんを提供し、お客様に身も心も満たされる喜びを提供する店なのか? スターバックスのようにサードプレイスを提供する会社なのか?
ただ単にお客さまを運搬するだけのタクシー会社なのか?
移動している間のお客様に最高のひとときを与えるタクシー会社なのか?
同じ業務や同じ業種でも、その発想、考え方によって会社や店舗というものは如何様にでも形を変えられる。

お客様との約束が店舗理念である。それに共感共鳴して集まってくる同志が本当の社員でありPNである。誰でもいいから採用するのでは同志足り得ないのである。
社員教育も大事だが、その前の採用はもっと大事なのである。店長の約束(理念)に賛同できるかが大きな鍵になる。店長は店舗運営に対する熱い思い、人生に対する理念を持ち、理念を熱く語らなければ人財となる同志は集わない。

私はウィズリンクという飲食企業を創業した時、一番力を入れたのが採用である。当時も飲食業に人材が集まらないから、経営理念そして店舗理念を作りそれを説いて共感共鳴する熱い人材を採用した。
飲食業ではなく「感動創造業」である。一緒に「人間づくり」をやっていくことを腹に決め採用を行っていると本物の同志が集まってくる。

私が店長当時のPN採用面接時には1時間以上をかけた。その大半は私が夢を語りながら自分でもワクワクしていた。そのワクワクに感化されて入社したメンバーはいつまでも辞めなかった。

お客様に喜んでいただくことが仕事の役割であり、喜びであり、社会から必要とされている実感なのである。
そんな感じの”燃える同志づくり”が、夢と感動ある店舗を創造する。

「人生とは生きるという事」

2016年12月15日

『道経筆録』
「理念ある人生と仕事」  WL代表 江口歳春


9月期の社員総会では、「自己変革と成功」というテーマで講話致しましたが、こちらについてパートナーさん含め、再度お伝えしたいと思います。

みなさんはそれぞれの価値観、環境、年齢、色々な立場の中で、1年後、3年後、10年後のビジョンをもっていると思います。こうなりたいという自分に向かって自分がどう進んでいくのか、目標に対して自分がどう行動を起こすか、ということについて一度しっかり時間をとって考えてみることが大切です。
自分の人生をどう作っていくかというのは、今の自分と、あるべき姿の自分との間にギャップがあり、ここをどう潰していくかなのです。そしてこれは、店舗に限った事ではなく、部門、部署においても同じです。会社の目標、自部署の目標に向けて、どう努力していくのか、見方を変えれば仕事を通じて自分の自己実現に向けてのギャップを埋める、このギャップを埋めていく行動の延長が自分の人生を作っているのです。そして人生の目的と、仕事の目的は密接な相関関係にあり、仕事観と人生観はリンクするのです。

人生はどのようにして決まるのでしょうか?
答えはないと思いますが、真剣にこの事を皆様が考えてみる事が大切です。人生は物凄くシンプルであり、今の自分自身を形成し創造している「原理原則」を認識する事が重要です。そして自身が行ってきた事に対する成果は、99%本人の「力量」で決まります。この「力量」とは能力の差ではなく、日頃の習慣(クセ)の差なのです。今の習慣行動が変わらない限り、運命を変えることは出来ません。
「日々の言動のあり方(口癖や話し方を含め)、行動、姿勢、態度、会社組織のルール約束を守るか守らないか」
これもこころが発信しているものであり、全て自分自身が創造しているクセ、習慣なのです。
ですから、成果をあげ、成功するには小さな習慣を数多く成果の上がる習慣に変えていくことが大切なのです。
このように考えると、成績の善い人は、「運が良くなる習慣」を実践しているだけです。仕事が上手くいかない人、人生が好転しない人は、これまでの習慣行動が起因しており、上司が指導してくれないから…教えてくれないから…と、環境や周りのせいにしていても何も変わりません。因果律を常に自認し、他責にしない習慣をつけること、自分に非があることをきちんと認め、成果の上がる習慣を積み重ねていく事が大切なのです。
このように、習慣の積み重ねが今までの自分をつくっており、これからの自分を作るのも自分です。やると決めた事をやる、何をどのように行うのか、具体的に定めることが鍵となります。もし皆さんが何かを変えていこうと思うのであれば、積み重ねている習慣を変えていくしかないのです。

最後になりますが、
自分の行いは自分に結果となって現れます。この機会に、自身の目標に対して自分がこれから具体的に何を行っていくのか、どう行動を起こすか、ということについて今一度しっかり考えて頂き、人生を好転させる習慣行動を積み重ねることで、人生を創造して頂きたいと思います。

1 2 3 4 5 6 ... 27


記事カテゴリー

最新記事

PAGETOP